menu

24時間フィットネスのSynerGym(シナジム)ホームページサイト

トレーニングの3大原理

公開日:2021年05月08日 カテゴリー:ブログ タグ:, , , , , , , ,

こんにちは!

SynerGym加古川北在家店スタッフの山本です。

今回はトレーニングにおける3大原理について紹介していきたいと思います。

この3大原理が理解出来れば、ダイエットやパフォーマンスアップなど効果は絶大です!ぜひ覚えてみてください!

 

1.過負荷の原理(オーバーロードの原理)

2.特異性の原理

3.可逆性の原理

以上の3つが3大原理となります。

それぞれの特徴を簡単に説明いたします。

 

1.過負荷の原理(オーバーロードの原理)

トレーニングは日常の生活以上の負荷を与えて行うべきという原理です。

トレーニングによって体力を高めるためには、トレーニングで用いる3条件(強度、時間、頻度)があ

りますが、ある一定水準以上のものでなければ十分な効果は期待できません。

また、この求められるトレーニングレベルは体力レベルが高ければ高いほど、さらに高い強度のもの

にしていかなければなりません。

 

2.特異性の原理

目的の体力背景、部位に沿ったトレーニングを行うべきという原理です。また、トレーニ

ングに用いた運動の種類や運動の形態によってトレーニングの効果は異なって現れるとい

う原理のことも指します。

負荷された刺激によって身体は特別な適応を起こしていくという意味です。例えば、ゆっくり走る

ということを長時間続けると長時間の運動に対してパフォーマンスを発揮しますが、短距離の運動に

は効果を得られません。

また筋力トレーニングにおいて最大筋力は高まるが呼吸循環系の能力が改善

されないことが特異性の原理の一例として上げられます。

 

3.可逆性の原理

可逆性の原理とは、トレーニングはやめてしまうと元に戻ってしまうので継続してトレーニングを行うべきという原理です。

一般的にトレーニングの効果が消えていくスピードは、そのトレーニング期間が短いほど速い傾向にあります。また、体力要素によってトレーニング中断後の効果が消えていくスピードは異なります。

 

以上がトレーニングの3大原則を簡単に説明したものとなります。

皆様もトレーニングの原理を理解した上でさらに上を目指して頑張っていきましょう!

 

SynerGymでは感染予防対策を徹底し、皆様のトレーニングを安全に行えるようサポートしております。

SynerGymが行っている感染予防対策については下記リンクにてご確認ください。

コロナウイルス感染予防対策

長文でのご案内となりましたがこれにて失礼いたします。

 

ホーム | メニュー・料金 | Q&A | ブログ | 店舗一覧 | 特定商取引法に基づく表記 |